髭脱毛で清潔に

髭脱毛で清潔感をだす

当サイトでは、髭の悩みに関する情報を発信しています。
その中でも、今回は家庭用の機器で髭をレーザー脱毛するときの注意点を紹介したいと思います。
最近では、家庭用脱毛器として出力を調整できるレーザー脱毛器も販売されています。
そのため、自宅で気軽に脱毛を行えるようになってきてはいるのですが、注意点を知らないと、効果が無かったり、肌トラブルを起こしたりしてしまいます。
そのためどんなことに注意すればいいのか、いくつかポイントを知っておくと良いでしょう。

家庭用レーザー脱毛器での髭脱毛の注意点

家庭用レーザー脱毛器での髭脱毛の注意点 まず、一つ目の注意点は家庭用レーザー脱毛器では,効果が出にくいという点が挙げられます。
これは家庭用脱毛器の場合、出力が弱く毛根にダメージを上手く与えられないことが原因です。
レーザー脱毛をする場合、髭のメラニン色素にレーザーが反応することで毛根にダメージを与えます。
しかし、家庭用脱毛器の場合、医療用と比べても出力が弱いですし、レーザーの照射範囲も狭くなっています。
そのため、効果が出にくく、時間がかかってしまうのです。
そのため、脱毛効果を上げるには、出力を上げる必要があるのですが、そうすると、今度は火傷などが起こりやすくなります。
レーザー脱毛では、髭の濃さを見たり肌の状態をチェックしたりして出力を変える必要があります。
そのため出力を上げ過ぎると火傷が起きる原因になります。
このように家庭用脱毛器には使用の際に、いくつか注意点があるので気をつけるようにしましょう。

髭などのレーザー脱毛以外の目的で使わない

髭などのレーザー脱毛以外の目的で使わない 髭が濃くて剃るのに手間がかかることに悩んでいる人の中には、同時に顔にシミがあることが悩みである人もいます。
髭を目立たなくするという目的で医療レーザー脱毛の施術を受けてみたところ、顔のシミが薄くなったという効果も得られる場合があります。
これは、医療レーザー脱毛の施術に使われることが多いアレクサンドライトレーザーという種類の医療レーザーは、髭に含まれるメラニン色素だけでなく、シミに含まれるメラニン色素にも吸収され、熱エネルギーで分解されるためと考えられます。
しかし、医療レーザー脱毛の施術を顔のシミを薄くするという目的で受けるのは、あまりおすすめできません。
なぜならば、医療レーザー脱毛の施術で得られるシミが薄くなる効果は、あくまで髭を目立たなくすることのプロセスの中で偶然引き起こされる現象なので、シミが薄くなる効果を確実に得られる訳ではありません。
シミを薄くするための施術を受けるのであれば、脱毛の施術ではなく、フォトフェイシャルという施術を受ければ、シミを消すために一番適しているレーザー光線の種類を選んだり、出力を調整したり、シミを消すのに最も効果的な施術頻度で施術を受けることができるようになります。